フルマラソン補給プランについて

d0331971_13500759.jpg
今週末はいよいよ東京マラソン、そして次週の静岡マラソンとフルマラソンが続きます。ペースキープが命のロードランですからどうぞエネルギー切れがないように楽しんで頂きたいと思います。

レース前になるとどうしても気分が上がるので、自分の走りに期待してしまうものです(それが楽しい時間ではありますが…)。もちろん期待するのは良いことです。しかし、無理に早いタイムを設定してしまうのことには注意が必要です。自分の積んできた練習(距離・内容)、コンディションをしっかり見極めて設定してくださいね。

その上でレース中のエネルギー補給プランを組んでいきましょう。
何と言ってもフルマラソンでは「体重×42km=消費カロリー」というのが目安ですので、エネルギー切れは厳禁。レース中に「お腹減った。」では走り続けられません。

エネルギー切れを防ぐには、消化吸収が早いエナジージェルを少しづつ足していく感覚で摂っていただくと良いです。もちろん設置されたエイドでの補給も良いですが、うまく取れなかったり、希望のものがなくなってしまったりすることもあります。レース中にストレスを感じないためには、エイドでは水分補給に集中し、手持ちのジェルでエネルギー補給する方が効率的です。エイドのものは、スムーズに取れるとき、口にしたい物があるとき摂取するのが良いと思います。


【フルマラソン3時間30分切り(サブ3.5)を目指す】
d0331971_14381437.jpg
フルマラソン3時間30分ですと、1キロあたり5分を少し切るペースです。10キロごと一回のエナジージェル補給を心掛けると良いと思います。その上で脂肪燃焼をサポートするサプリを挟み込んでいきます。ジェルはぜひテイストが合うものを見つけて下さい。
◼Mag-onエナジージェル ◼VESPAプロ&ハイパー

【フルマラソン4時間切り(サブ4)を目指す】
d0331971_14452101.jpg
フルマラソン4時間切るペースで走るとなると、おおよそ1キロ5分40秒少し切るペース。30km以降で特にきつくなることがあると見込んでジェルを4つ。少し早めの8~9キロごとの摂取のプラン。ここでも脂肪燃焼をサポートするサプリを挟み込んでいきます。
◼メダリストエナジージェル ◼VESPAプロ&ハイパー

エナジージェルはどれも吸収が早く、レース中の補給に最適です。上記のサブ3.5、サブ4の方はもちろん、完走目標の方もぜひご相談ください。

東京マラソンは、携行品の制限(ボトル不可や重量の制限)があるようですので、案内をよくご確認くださいね。ご参加されるフルマラソンが皆様にとって素晴らしいレースになることを祈っております。


最後にひとつ。いくらエナジージェルでもスタート地点でお腹が減っている状態ではエネルギー補給をカバーできません。食事のプランもしっかりたてて、スタート地点では万全の状態を目指してください。


グラウンドルーフ




[PR]
トラックバックURL : http://groundroof.exblog.jp/tb/23876732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by groundroof-llc | 2017-02-23 13:44 | おすすめ商品 | Trackback | Comments(0)

静岡・御殿場にあるスポーツショップ・ランニングシューズとスポーツウェアの専門店GROUNDROOfの日記


by groundroof-llc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30