カテゴリ:ランニングシューズ( 1 )

d0331971_18220957.jpg
10月に発売された『ウェーブライダー19』の試し履き、無事に終了しました!

ご参加頂いた皆様ありがとうございます。履いて頂いた方からの反応は概ね良いものでした。普段、厚底のジョグシューズを履かない方にも好評だった印象です。


しかしながら、個人的には気になった部分もありました。好意的なご意見が多かった中ですが、『ウェーブライダー19』について書きたいと思います。


ちょっと(だいぶ!?)長くなります。

それは、このところの『ウェーブライダー』シリーズは、モデルチェンジごとにまるで違うシューズのような仕上がりだからに他なりません。

新作から遡ること二年前のモデル、17代目のミズノ・ウェーブライダーから順番にその変遷を辿ります。



■ウェーブライダー17
クッションがあるのに劇的に軽い!スタイリッシュに変身!

質実剛健なザ・ジョグシューズ「ウェーブライダー」は、この世代で完全に生まれ変わった。アッパーは熱圧着、ミッドソールに軽量の新素材のU4icを採用、アウトソールのパターンも一新、スタイリッシュに変貌した17代目ライダー。レーシーなフェイスと柔らかい履き心地で(当店では)大ヒット!クッションありながら、キロ4分台後半も踏める軽量感に、ライダー伝統のライド感。しかし、ミッドソールとゴム層の薄さにより、(走り方・フォームによっては)耐久性と剛性の弱さを露呈することも。それでも、それらを差し引いても挑戦的で魅力的なモデルでした。軽くて足裏感覚もあるという、良くも悪くもそれまでのライダーから逸脱したモデルだったと言えます。



■ウェーブライダー18
軽さそのままに、耐久性とホールドをプラス!しかし・・・・。

ライダー18は、熱圧着だったアッパーをやめ、ランバードマークとシューホール付近のパーツを縫い付け仕上げに。そして、信じられないほど硬く分厚いヒールカップを搭載しています。これらの(過激とも言える)改善により、アッパー強度が倍増し、分厚いヒールカップと相まって、すごいホールド性能。アウトソールのゴム層も厚くなり、がんがん走り込めるタフなシューズに変貌。
しかし、そんな変貌と裏腹に、履き味は全体的に硬く、馴染むまでにも時間がかかるという、足入れの柔らかさを求める(17が好きだった)ユーザーには敬遠されてしまった感があります。
履きならすと、ばちっと決まる安定性に、抜群の耐久性でコストパフォーマンスは最高。特価だったらマストバイです!このシューズも頑張れば、キロ4分代後半までいけます(もちろんメインはジョグペースです)。




■ウェーブライダー19
柔らかい足入れを狙った18の改良作。厚底トレンドに乗りウルトラも!?

最新のウェーブライダー19代目。
基本は前作18をベースに仕上げてあります。主な変更点は、インソール下の中底にスポンジ材を使用、そしてミッドソールにU4icXを採用。その他にも、シューレースが柔らかくストレッチ性のある紐に変更してあったり(硬めのアッパー素材との緩衝の役割と思われる。)、ヒールカップも少し薄くし、全体的に柔らかさを打ち出しています。

そしてポイントとしては、インソール・ミッドソール・アウトソールを含めた靴底部全体の厚さですが、明らかに前作より厚くなっています。履いてみると、ドロップ差(つま先とかかとの高低差)も前作より大きいように感じ、このあたりの感覚は好みが分かれそうな気がします。ちなみに、前作より15g(27.0cm平均)ほど(こっそり)重くなっています。巷の「厚底ブーム」の影響!?




今回もまた『履き味』の違うシューズに仕上がっています。

厚く柔らかさのある足入れ、接地感はやや硬めで、安定性が高いです。蹴る感覚は少なく、面で受けてつま先から抜ける「置く走り」の厚底ジョグシューズ。キロ6分~7分のスロージョグが最適ペースでしょうか。フルマラソン以上、ウルトラの距離でも良い選択肢となるかもしれません。ある意味、履く方を選ぶシューズかと思います。


代を重ねるごとに、大きく変化しているウェーブライダーの『履き味』。そろそろ変化について行けないユーザーもいるのではないでしょうか。

作り手には、もう少し『履き味』に拘って作ってもらいたいところです。変化させても『履き味』は整えることができるはず。


受け継がれるウェーブライダーのクッション性とライド感。
単体でみるとそれぞれ特徴のある良いシューズです。でも、それぞれ『履き味』が異なるので、その点を考慮して選んでいただくと良いシューズ選びになると思います。


当店は、すごく豊富なラインナップ、圧倒的な品数、というわけではありませんが、お客様の求める感覚とシューズがなるべく近いものをご提案していきます(求めるものがない場合もあります)。どんなシューズを持っているか、毎月(毎週)どのくらい走っているか、次にどこのレースにでるか、など話しながらシューズ選びしていきましょう。究極を求めつつ、こだわりすぎずに。



GROUNDROOf




[PR]
by groundroof-llc | 2015-10-15 22:27 | ランニングシューズ | Trackback | Comments(0)

静岡・御殿場にあるスポーツショップ・ランニングシューズとスポーツウェアの専門店GROUNDROOfの日記


by groundroof-llc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30