静岡・御殿場にあるスポーツショップ・ランニングシューズとスポーツウェアの専門店GROUNDROOfの日記


by groundroof-llc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夏の日の「滋賀to京都」2

夏の日の「滋賀 to 京都」1→

醍醐寺でお昼を食べたのは、こちらのお店。
醍山料理・雨月茶屋
隣席の氷がすごくおいしそうでしたが、お腹膨れたので我慢。
それにしても、歴史ある建物や庭などがゆったりとみられる醍醐寺。すてきな場所である。ぜひまた伺いたい。
d0331971_18334000.jpg
冷房の効いた店内から外に出ると、くらっとする暑さ。
夏の日の午後、路面もさらに熱を蓄えているようだ。
醍醐寺から宇治までの道のりは、交通量はあるが狭い道が多く、しかも建物が近いせいか風も通らず、むさ苦しい暑さに難儀。

それでも、まぁなんとか宇治に到達した。
d0331971_18342038.jpg
宇治川の涼しげな流れにホッと一息。
宇治橋は646年にかけられたらしく、日本最古級の木造橋。とはいえ橋自体は平成に入って架け替えられているようだ。
d0331971_19070587.jpg
橋の真ん中あたり「三の間」から朝霧橋・中之島方面を眺める。

d0331971_18351423.jpg

宇治橋西詰の鳥居から平等院の参道へ。宇治だけにお茶屋が多い。お土産を求める観光客で賑やかなエリア。
醍醐寺で食べられなかったかき氷を求めるも、どこも混んでいて断念。
そんなところへ。
d0331971_18354578.jpg
グリンティ50円。安っ。100円で2杯頂いた。冷えていて、甘くて、カラダに染み渡る。
グリンティとは抹茶粉末とグラニュー糖を混ぜたもののようだ。ついでにお土産でグリンティの粉末を購入。
おつりでもう一杯おかわりをお願いすると、サービスしてくれた。
d0331971_18361304.jpg
そんなちょっとしたことがすごく嬉しかったこのお店。
宇治茶の山田園茶舗
そして今回の目的地である平等院へ。
d0331971_18344830.jpg
平等院鳳凰堂
池の前に佇むその姿を見たのは修学旅行のときだった。当時はかなり衝撃を受けたものだが、自分が大人になったからか、沢山の観光客のせいか、当時のような湧き上がる鮮やかさを感じることが出来なかった。

国宝の集積空間と謳われた鳳翔館も混雑で足早に通り過ぎることになった。残念。

陽が傾き始めた宇治から、京都駅へ向かう。
JR奈良線に沿って府道を進み、六地蔵まで来た道を戻る。
できれば木津川の流れ橋まで行きたかった。

宇治から黄檗へ戻り、六地蔵から深草へむかうが、そこには激坂が待ち受けていた。トレーニングなのか、激坂を上るランナーの姿も。
歩き走りと、坂をなんとかやり過ごし、伏見稲荷大社に到着。
d0331971_18363708.jpg
ガイドブックの影響か外国人観光客多し。ただ日暮れ間近だからかそれでも空いているようだ。
d0331971_18365549.jpg
千本鳥居を潜っていく。うっすらと夜の気配が漂い、朱の色が濃く深くなっていく。
d0331971_18372386.jpg
三辻に至る手前に京都一周トレイルの道しるべ。トレイルを少し歩き熊鷹社に詣り、伏見稲荷大社をあとにした。
d0331971_22500952.jpg
京都駅へ向かう途中、東福寺駅で電車に乗って帰った。
旅はいろいろ迷うことも多いが、それもまた楽しみ。走ることで、街を知る。道を覚える。
今回も楽しい旅でした。

ガーミンの電池も途中で切れて旅の終わりを感じた。
d0331971_23124350.png



おわり


でも、まだちょっと続きがあります。
それはまた後日。





GR






[PR]
トラックバックURL : https://groundroof.exblog.jp/tb/22051824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by groundroof-llc | 2015-08-20 23:15 | ワタクシゴト | Trackback | Comments(0)