人気ブログランキング |

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
都合により、下記日程の営業を変更させて頂きます。
ご来店を予定されていた方には、ご不便をお掛けして大変申し訳ございません。
何卒ご理解下さいますようお願いいたします。
営業時間変更と臨時休業のお知らせ_d0331971_19274075.png
=====================
グラウンドルーフ
営業時間11:00~19:00
【水曜定休※その他不定休】
〒412-0042
静岡県御殿場市萩原635-1
=====================


 



# by groundroof-llc | 2020-09-26 19:28 | 営業時間変更・休業のお知らせ | Trackback | Comments(0)

営業時間変更のお知らせ

いつもご利用誠にありがとうございます。
都合により9月12日(土)の開店時間を午後2時とさせていただきます。
営業時間は、14:00~19:00です。
急な変更となり申し訳ございません。何卒、宜しくお願いします。
営業時間変更のお知らせ_d0331971_12232621.png

=====================
グラウンドルーフ
営業時間11:00~19:00
【水曜定休※その他不定休】
〒412-0042
静岡県御殿場市萩原635-1
=====================

 

 


# by groundroof-llc | 2020-09-11 12:26 | 営業時間変更・休業のお知らせ | Trackback | Comments(0)

夏季休業のお知らせ

いつも当店のご利用誠にありがとうございます。

【夏季休業】
2020年8月12日(水)~8月14日(金)
2020年8月18日(火)~8月19日(水)

上記の期間を夏季休業としてお休みを頂きます。ご不便をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。
夏季休業のお知らせ_d0331971_09190104.png


=====================
グラウンドルーフ
営業時間11:00~19:00
【水曜定休※その他不定休】

〒412-0042
静岡県御殿場市萩原635-1
=====================

# by groundroof-llc | 2020-08-07 09:28 | 店舗情報【お知らせ】 | Trackback | Comments(0)

2020 SUMMER CREARANCE SALE

7月11日(土)から8月2日(日)まで夏のクリアランスセールを開催いたします。

2020年は、マラソン・トレイルランの大会中止の影響を受けた格好で( ;∀;)お品物が充実しております。
半年に一度のお買い得なタイミングとなりますので、ぜひ足をお運びください。

ご入店の際には、入店人数の制限や手指の消毒など少しお願いをしております。
どうか引き続きご協力をお願いいたします。(入店制限につきましては現時点では制限することなくご入店頂けております。)

雨が多い日々が続きますが、梅雨も終盤のはずです。
あと少しの間、健やかな気持ちで夏の訪れを待ちましょう。
着心地の良いTシャツ・短パン・ノースリーブなどご用意して、皆様のご来店お待ちしております。
2020 SUMMER CREARANCE SALE_d0331971_17125885.png

=====================
グラウンドルーフ
営業時間11:00~19:00
【水曜定休※その他不定休】

〒412-0042
静岡県御殿場市萩原635-1
=====================

# by groundroof-llc | 2020-07-13 17:34 | 店舗情報【お知らせ】 | Trackback | Comments(0)

もれなく「パン」がついてくる「短パンフェア」開催中!_d0331971_15140252.jpg

もれなく「パン」がついてくる「短パンフェア」開催中!

短パンをお買い上げ頂いた方全員に美味しい「パン」がついてくる「短パンフェア」開催中です!
今年も、「御殿場ベーカリービケット」さんと「茅沼ベーカリー」さんの二軒でお使いいただけるパンチケットをプレゼントしております。
「サンキュー」の390円のパンチケットを一着につき1枚プレゼント!

コロナの影響で開催するかどうかを検討していましたが、テイクアウトであること、それぞれが入店人数制限や消毒など対策をしていることを踏まえ、少しで良いから皆で前向きな気持ちをもっていけるよう開催することにしました。

二軒ともパンが大好きな店主が、お勧めする地元のパン屋さんです。インスタだけでもとても美味しいです。
リンクを貼っておくのでよろしければ、二軒のパン屋さんのほうも覗いてみてください。


ぜひ「短パンフェア」期間中に短パン(今年からロングパンツも対象になりました)を新調して美味しいパンも味わってください。
期間は、6月30日まで開催しております。雨の多い季節ですが、6月もどうぞよろしくお願いいたします。

もれなく「パン」がついてくる「短パンフェア」開催中!_d0331971_15132136.jpg

もれなく「パン」がついてくる「短パンフェア」開催中!_d0331971_15123927.jpg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
グラウンドルーフ
営業時間11:00~19:00
【水曜定休※その他不定休】
〒412-0042
静岡県御殿場市萩原635-1
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆








# by groundroof-llc | 2020-06-13 16:53 | Trackback | Comments(0)

緊急事態宣言が地域により解除されました。
店舗のある御殿場市では、感染者発生の報告はありませんが、引き続きご入店時の手指消毒や人数制限などは実施しております。
どうか引き続き、ご協力のほど宜しくお願いします。


さて、今回の「回顧録」は昨年に続いてTEAM・GROUNDROOf で参加してきた「リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 」についてレポートします。


リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園
2020年2月2日開催 天気:晴れ
【回顧録・その2】TEAM GROUNDROOf・リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 参戦記_d0331971_14324688.jpg


こちらのリレーマラソンは、当店でも好評販売中の「湘南ゴールドエナジー」のメーカーさんの主催大会。
そのご縁もあって、昨年より売店の出店とリレーマラソン4時間の部への参加で大会に携わらせて頂いています。
比較的小さな大会ですが、酒匂川河川敷で立春の温かい日差しを浴びながら楽しめる、アットホームで手作り感のある大会です。



【回顧録・その2】TEAM GROUNDROOf・リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 参戦記_d0331971_14324869.jpg

併催で「あしがらマルシェ」というイベントも開催されていて、賑やかな雰囲気です。
なんと大会参加者は、湘南ゴールドエナジーが飲み放題!太っ腹!ランナー交代ゾーンの先のテントで頂けます。


【回顧録・その2】TEAM GROUNDROOf・リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 参戦記_d0331971_16223073.jpg
昨年の参加メンバーは6人だったのですが、今年は人数が増えて13名の大所帯。
今年は「GROUNDROOf 御殿場」「GROUNDROOf アルパカ」の2チームでの参加です。

メンバーは、トレイルランナー、ウルトラマラソンランナー、フルマラソンランナー、その全部やる人、それとスパルタスロンフィニッシャーさん。さらには、大学駅伝に勤しむ19歳、昨年の全中駅伝出場のフレッシュな面々も加わり、ボーダレスかつ濃いチームが出来上がりました。

ご参加のみなさまには、今年もショップTシャツをプレゼントさせて頂きました。

「TEAM・GROUNDROOf 」はメンバー固定ではなく、出入りも自由のゆるやかなチームです。
毎年1月、2月の駅伝・リレーマラソンシーズンに集まって1・2レースで解散。月ごとの活動も特にありません。
基本的には、シーズン近くなった頃にお声がけさせて頂いて、チーム戦のレースに出場しています。

「速い遅い」関係なく、お互いに尊敬の念を持てること。
今年も、参加されたみなさまが「個のランニング」を楽しく話せて共有できる方。強くてたくましい、素晴らしいメンバーが集まりました。


【回顧録・その2】TEAM GROUNDROOf・リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 参戦記_d0331971_16484999.jpg

出店しているテントの前に集合し、河川敷の階段に陣取りました。
スタート時間が近づいて、気持ちの良い緊張感です。天気は、快晴で小春日和。2月なので本当に晴れてよかったの一言です。


【回顧録・その2】TEAM GROUNDROOf・リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 参戦記_d0331971_16522334.jpg


こちらがコース図です。一か所鋭角にターンする場所があり、ここが最大の難所。スピードが出ていると故障の原因になりやすい鋭角ターン、ここをうまく減速しての再加速がポイントとなります。チームごと走行順を決めて、いよいよスタートの時間です。

走行順は、もちろん強く速い人から。走行順が前の人ほど多く襷が回ってきます。
申し訳ないことに、店主は前日当日の荷積み・荷下ろしで万全でなく、人数多いチーム最終順にして頂きました。

1.3kmの周回コース、4時間ぐるぐると襷をつなぎ続けます。
リレーマラソンと言うと、楽しくジョギングで繋ぐイメージもありますが、昨年のトップバッターだった店主が作った流れが今年も継続されました。それは、ほぼ全力のインターバル!

昨年大会のデータから4時間で「一人7~9本」がノルマとなります。これはすごくキツイ。
しかも、フルやウルトラやトレイルがメインのランナーが挑むスピードラン。
一本目を走り終えた時点で、もはや絶望しかありません。
これをあと何本やるんだ、と。

皆で息を荒げながら、時にもがきながら、襷を繋いでいきます。

何回か走行順が回ってくると、次第にメンバー同士が打ち解けてくるようでした。
皆で戦い、襷を繋いで、距離を重ねてレースを作っていきます。

おおよそ一周走り終わると、25分~30分くらいのインターバルで次の襷が回ってくるのですが、これが本当に一瞬。
走り終わり10分後に落ち着いてきて、あっという間に次の走行順になります。

11時にスタートしましたが、誰も食事を摂りません。
今年は、スープやミニカップ麺なども用意しましたが、それも誰一人手を付けませんでした。
とても、食べられる状態じゃないんですよね(笑)休憩など一瞬ですし。
来年は、ジェルを用意したいと思います。

そうして4時間、ついに最終周に到達します。
最後は、それぞれのチームごとみんなでゴールしたり、盛り上がります。
最終周は、両チームともちょうどエースの走行順。無事に4時間襷を繋ぎました。

【回顧録・その2】TEAM GROUNDROOf・リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 参戦記_d0331971_14324963.jpg
【最終結果】
GROUNDROOf アルパカ 第6位(50周・65km・最終周通過タイム3:56:47)
GROUNDROOf アルパカ 第9位(48周・62.4km・最終周通過タイム3:58:54)

平均ペースで3”38/kmと3”49/km
両チームとも素晴らしい結果です。本当にお疲れ様でした。


アルパカチームの方は、6位入賞しました。
が、お店の方で提供した賞品が戻ってくるというハプニング。
でも、入賞、ありがとうございます。
【回顧録・その2】TEAM GROUNDROOf・リレーマラソンin開成水辺スポーツ公園 参戦記_d0331971_18024944.jpg



大会ご参加の皆様、運営関係の皆様、今年もお世話になり、ありがとうございました。
そして、TEAM GROUNDROOfメンバーの皆様も改めてありがとうございます。
また、来年も苦し・・いや楽しみましょう!


大会後、御殿場に戻り、店の向かいにできた餃子屋「餃子酒場・鼎」で打ち上げをしました。
近くに気軽に寄れる店が出来て良かったです。ヘルシーで美味しかったです。
(このコロナ禍で長く休業されていて、先日営業を再開しました。餃子のテイクアウトもできますので、よろしければぜひご利用ください。)


グラウンドルーフも通常通り営業しています。
5月も折り返しに差し掛かりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
グラウンドルーフ
営業時間11:00~19:00
【水曜定休※その他不定休】
〒412-0042
静岡県御殿場市萩原635-1
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



# by groundroof-llc | 2020-05-18 18:24 | Trackback | Comments(0)

緊急事態宣言が発令され、さらに5月末までの延期。
収束の兆しとともに、感染の第二波が予感される今日この頃です。
ストレスを回避しつつ、感染予防のガードは下げずに過ごしたいですね。


さて、今回は2月に開催され、慎重に慎重を重ね参加した「京都マラソン」を店主が振り返ります。
お店の方は、二日間のお休みを頂き、レースに参加させて頂きました。
お休みを頂きありがとうございました。


【京都マラソン2020】
【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_15403353.jpg

この大会への参加については、参加する以上リスクはゼロではないことを念頭に置きつつ、細心の注意を払って参加しました。
京都までは約五時間、新幹線ではなく車での移動。
マスク・手洗い・うがい・余計なものに触らないなど、移動時はもちろん宿泊先でも心に留めて行動しました。

それでも、感染者がごく少数であったこの時期は、記事を書いている5月と比べて圧倒的に楽観的であったように思います。


レース前日に京都入り。
早々にランナー受付を済ませ、エキスポも足早に退出。
スポンサー企業の皆様には申し訳ないのですが、やはり、密閉された空間に長時間滞在するのは気が引けます。

翌日のレースの無事を祈念するため、足腰の守護神と崇められる護王神社へ向かいました。

【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_16131483.jpg

狛犬ならぬ狛いのしし。参拝のあとは足腰のお守りを授かりました。
そのあと、もう少し時間があったので、昭和の匂いが色濃く残る「柳湯」でさっとひとっぷろ。


【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_16211999.jpg

この「柳湯」さん趣ある外観でしたが、中はかなり雑多な印象、かなりハードな昭和銭湯。
新しく便利な温泉施設に慣れてしまっていたのでしょうか。鍛え方が足りなかったようです。
備え付けボディーソープなどはなく、石鹸は貸し出し制。使い込まれしわの入った白石鹸を渡された際は、思わずたじろいでしまいました。

ともあれ、熱めのお湯に身も心もさっぱり。
無事に宿にチェックインし、食事はデパ地下グルメのホテル晩餐、支度を整えて就寝しました。


翌日の京都マラソン当日は、予報通りの雨天。
しかも、なかなか強め。2月ながら若干気温が高めだったのは、せめてもの救いでした。

会場のある西京極駅までは、電車移動。そこそこの混雑ですが、ギュウギュウではなかったです。
余裕をもっての移動でしたが、駅から競技場まで人の流れが詰まったりで、だいぶ時間が掛かり、荷物預けはぎりぎり。
着替えスペースも、かなりの密集かつ、皆濡れてストレスのかかる環境でしたが、スペースをシェアしながら準備完了。


【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_16402266.jpg

スタート地点の競技場内に到着しましたが、この時点で、雨にだいぶモチベーションを削られていました。

スタートブロックはAブロック。エントリー時の設定ではとても無理なので、ゾーン後方で待機。
昨年の富士山山麓一周フットレース後の体調不良ブランクから半年ぶりのレースです。
ただただ完走するのみ。距離に裏打ちされた自信ないままに号砲を待ちました。



【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_17150453.jpg
雨の中暫くたたずみいよいよ号砲。
口元のマスクを取ってのスタートです。

スタート直後から道幅が広く、ややハイペースの入り。
暫く市街地を走り、桂川を遡上するかたちで嵐山方面へ。

前半そこそこのアップダウンがあった気がします。
ちょっとシューズの水抜けが良くなくて、嫌な予感がしたのですが、16km付近で早くも予感的中。
右足の親指の付け根、指の間にマメができてしまいました。

こうなると負担がかからないよう、着地位置を変えて足指のストレスを逃がすしかありません。
普段はマメなんてできないんですが、ここからはマメ痛との闘いでした。
正直、笑顔とか、応援に答える余裕などなく、「潰れたら終わり」とマメのことばかり考えていました。

せっかくの景色もあまり入ってこなかったのですが、
仁和寺での応援は凄かったですね。お坊さんも応援してくれていました。


雨は時に強く、時に弱く降り続いていました。
25kmを過ぎ府立植物園では舞妓さんがいらっしゃいました。
が、マメの状況も予断を許さず、その華やぎは視界の端に捉えるのみでした。

植物園を出ると鴨川の土手道へ。
足元の土は、雨でぐちゃぐちゃ、いや、粘土質でぬちゃぬちゃです。
路面の柔らかさでマメの痛みの方は少し和らぎ、ほっと一息。

それも束の間、すぐにアスファルトの固い路面が待っていました。
折り返しを繰り返すあたりで、ついに左足にもマメが発生。残り7-8km位だったと思います。

かなりマズイ状況でしたが、この時の思考は至ってシンプルでした。痛みに耐えるだけでいい。
なんとか走れているので、30-40分痛みに耐えるだけでフィニッシュはできる。

しかし、京都大学付近の坂がなかなかキツイ。
息が上がり、本格的に足が止まってきました。下りで挽回しようと、足搔いても足掻いても、沈みゆくLAP。
おまけに足裏のマメが熱を帯び、暴発しそうです。

ゴール直前は、応援で賑やかな細道を縫うように走り、フィニッシュ地点の平安神宮へ。
雨は止むことなく降り続いてしました。

明るくて清廉な石畳を踏んでフィニッシュ。
良かった良かった。なんとか走り切れました。
【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_18421226.jpg

せめてサブ3.5と思いましたが、削るところはどこにもなく精一杯のランニングでした。
タイムは3:32:21(ネット3:31:25)
フルマラソンは、参加するごとに3分くらいタイムを更新して楽しんでいるのですが、数年ぶりにそれも潰えました。


しかし、この半年を振り返れば、4か月の休養を経て約2か月の準備でしたが、良くできたと思います。
【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_20331387.jpg

一つ失敗だったのは、シューズのチョイス。
晴天では、抜群のホールドと着地時の安定感で最高のフィーリングだった「ウェーブライダー23」
雨天では、ニットアッパーが水を吸ってしまい、メッシュのものと比べ内部の水抜けが相当に悪かったです。
最近は、デザイン性からニットアッパーのシューズが増えていますが、雨天時にこの水抜けの悪さは大きなデメリットです。
まさか、ロードレースでマメができると思いませんでした。
(ちなみにウェーブライダー22まではメッシュのアッパーでしたので、そちらを選択すれば良かった訳です。)

フルマラソンで雨に降られたのは初めてでしたが、大きな教訓を得たレースとなりました。


【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_19011473.jpg


レース後は会場に出店されていた名店「祇園ささき」さんのにしんそばを頂きました。
さすがのミシュラン三ツ星のお仕事、とても美味しかったです。
疲れた体に出汁が染み渡り、体の内側から温まりました。マラソン後にハイレベルなグルメを頂くことができるなんて幸せです。
(ランナー用に無料でお味噌汁もあってそちらも美味しかったです。)

会場を出た後、京都に単身赴任中の元ご常連さんと共に銭湯「新シ湯」へ。


【回顧録・その1】京都マラソン_d0331971_19095638.jpg


銭湯最高!
こちらの「新シ湯」さん、京都マラソン参加者のために少し早めの開店。
本当にありがたいですね。一気に温まりました。手入れが行き届いていて、すごしやすい街の風呂屋さんでした。


マラソンを楽しみ、風呂に行くことのできる幸せ。


この日、新型コロナウイルスの影響により東京マラソンの一般の部の中止が発表され(エリートのみ開催)
それ以降に開催予定だったマラソン大会はほぼ全てが中止になりました。
記事を書いている5月の時点で、11月の大会の中止も続々と発表されています。


日常は、いつか戻ってくるのでしょうか。
それとも、全く違う未来が待っているのでしょうか。


いつか、穏やかな心で、
BAFFやマスクで口を覆うことなく走ることができて、
心置きなく大会を楽しむことのできる「日常」が戻ることを祈るばかりです。

その日が来るまで皆様どうか心も体も健康でお過ごしください。
大会でお会いできた皆様、ありがとうございました。またいつかレースでお会いしましょう。



当店では「新型コロナウイルス感染予防」のため引き続き入店時の制限などを設けながら営業しております。
ご不便をお掛けしますが、ご来店時には何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
グラウンドルーフ
営業時間11:00~19:00
【水曜定休※その他不定休】
〒412-0042
静岡県御殿場市萩原635-1
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


# by groundroof-llc | 2020-05-10 20:35 | Trackback | Comments(0)